韓国文化

韓国文化

世子(セジャ)の袞竜(こんりょう)の御衣

朝鮮王朝で国王の正式な後継者のことを世子(セジャ)と言う。 「雲が描いた月明かり」第5話で、「袞竜(こんりょう)の御衣」で世子いうことが分かったシーンがある。 「袞龍」とは「巻き龍」の意味。 雲が描いた月明かり 第5話衣で身分が分か...
韓国文化

朝鮮王朝の内官:去勢する理由とは?

内官の去勢検査のシーン(雲が描いた月あかり) 内官とは王や王妃や世子の身の回りの世話などを担当した、去勢された官吏のこと。 去勢するのは王妃・王女をはじめとする宮廷内の女官との不祥事を起こさないため。 相談相手になったり...
韓国文化

韓ドラに出てくる謝罪:席藁待罪(ソッコテジェ 석고대죄) 

席藁待罪(ソッコテジェ 석고대죄)とは、むしろに座り許しを請うこと。 太陽を抱く月 第6話 席藁待罪(ソッコテジェ 석고대죄)とは、むしろに座り許しを請うこと。 時代劇では席藁待罪のシーンもある。 屋根部屋の...
2019.04.10
韓国文化

韓国ドラマに出てくる「かつら」カチェ(加髢 가체)

太陽を抱く月 第六話 韓国の時代劇を観ていると、女性がカツラを被る場面が出てくる。 これは、カチェ(加髢 가체)というらしい。 当時の朝鮮の女性も、かつらが大きくて重いほど美しいとされた。
韓国文化

韓国ドラマに出てくるかんざしの意味

李氏朝鮮時代の髪型は女性の場合は未婚時代がおさげ、結婚後が結髪が原則で、結婚したら髪を結いかんざし(ピニョ 비녀)を付ける。 太陽を抱く月第6話 竜頭ピニョをする王妃 龍は東洋では高貴で神聖な存在として王室などで沢山使われた...
2019.03.02
韓国文化

「初雪の日に会いましょう」韓国で初雪の意味は?恋が叶う特別な日

韓国ドラマや映画を観ていると、「初雪の日に会いましょう」という印象的な場面が頻繁に出てくる。 韓国人は「初雪」に恋に関する、特別な想いがある。 初雪の日に会うと恋が叶う。仲がより深まる。 初雪の日に告白すると好い関係になれる。 ...