2001 ★★★★★ 猟奇的な彼女 運命は努力した人に偶然という橋をかけてくれる

これが1番最初に観た韓国映画。

ネット小説から映画化されたそうだ。

笑えるシーンも、感動して涙なしには観られないシーンもある。

韓国語が分かったら、もっと楽しめるのだろうなと感じて、ここから僕の熱病のような韓国ブームが始まった。

 

2001年の作品で当時の韓国の雰囲気を感じることも出来るが、今観ても色あせることがない名作中の名作。

韓国映画界に多大な影響を残し、歴史に残る作品だと思う。

クァク・ジェヨン監督の信念が韓国映画を変えた!

韓国映画は「猟奇的な彼女」以前は、悲しいエンディングが多かったそうだ。

しかし、監督のクァク・ジェヨンは「ハッピーエンドでないとだめだ!そうじゃないと安心して観られない!」という信念を持った監督で、以降韓国映画もハッピーエンドの作品が多くなったと、韓国人の友達から聞いたことがある。

キャスト

チョン・ジヒョン / 主演 猟奇的な彼女 役

チョン・ジヒョン演じる猟奇的な彼女(役名は映画の中に出てこない)は、韓国ドラマや映画で今までにないキャラクターで強烈な印象を残した。

正義感が強く破天荒で、小悪魔のようなワガママで恋人のキョヌを振り回す(笑)

強い女性のように振る舞っているが、実は繊細で心の奥には深い悲しみがある。

この映画で彼女のファンになって、韓国への憧れが強くなった。

チャ・テヒョン / キョヌ役

現代っ子のぐうたらな大学生って印象。

彼女の小悪魔的なワガママに振り回される姿がコミカル(笑)

でもそれは気が弱いというよりも、彼女の心に秘めた悲しみを癒やしたいという純粋な思いなのだろうか。

そして、彼女と再会するときのために、自分を磨く努力家でもある。

この映画を観る度にキョヌに共感し、僕もがんばらないと!という意欲が湧いてくる。

音楽

主題歌:I believe / シン・スンフン(신승훈)

歌詞はこちらから

Canon(カノン)/ George Winston 

僕にとっては非常に印象的で感動するシーンで、カノンを聴くと猟奇的な彼女が思い浮かぶ。

この映画を観てからカノンを弾きたい!とピアノを始め、ピアノ教室にも通って熱中してしまった。

[template id=”527″]

「猟奇的な彼女」が定額見放題で観られる動画配信サービス